ニューカレドニアの食事情。(No.604)

皆さん、こんばんは。

ヒロです。

 

ニューカレドニアに向けて出発したのが、

1ヶ月ほど前になるのですが、

もう1ヶ月も経っちゃったのかという感じ。

 

今更ニューカレドニアの話題もどうかと思うのですが、

せめてニューカレドニアの食事情くらいはご紹介しようかと思います。

 

ニューカレドニアはフランスの統治領で、

「プチフランス」と言われるくらいフランス文化が浸透しています。

食に関してもフランスの食材や料理のお店は多かったです。

他にもイタリア料理があれば、

インドネシア、ベトナム、タイ、中華、和食など

アジア各国料理のお店もありました。

ただ逆に伝統料理というものがあまりなく、

それをちゃんとした形で提供するお店もほとんどないようです。

なので全体的にはヨーロッパ(特にフランス)、アジア、

オセアニアの食文化が混在するような感じです。

 

 

下の写真は私が宿泊したホテルで出たビュッフェスタイルの料理です。

周りが海に囲まれているので魚介系の料理は豊富ですが、

肉系の料理も結構多かったです。

スイーツもいろいろありましたよ。

 

 

 

地元のスーパーにも寄ってみました。

 

フルーツ、野菜、魚、肉・・・

日本のスーパーに負けないくらいの品揃えです。

 

中でもやはり、フランス領だけあって

チーズとワインはすごく充実してました!

ニューカレドニアの物価は日本よりも高めですが、

チーズとワインに関しては安かったです!

 

旅行先で料理を堪能したり、食文化にふれるのはほんと楽しいですよね♪

 

 

では最後にニューカレドニアの首都ヌメアの街並みを。

 

By ヒロ

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: ブログ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。