カテゴリー別アーカイブ: ブログ

感動しました!(No.826)

  皆さん、おはようございます。 ヒロです。   皆さん観戦されました? 昨夜のラグビーワールドカップでの対スコットランド戦。 素晴らしい試合でしたね! 私はスポーツが大好きなんですが、 そのスポーツでこんなに興奮したのは久しぶりです。 特に後半のスコットランドの追い上げには 手に汗を握りながら観てました。 単なる強豪国との対戦どいう位置づけではなく、 日本のラグビー史上においてとても重要で意義のある試合だったと思います。   前回のイングランド大会での南アフリカ戦勝利も驚きと感動をもらいましたが、 私にとってのこの試合はそれ以上でした。 前回の南アフリカ戦勝利は「スポーツ史に残る大番狂わせ」と言われ、 確かに私も「うん、そうだよなぁ」と思いました(笑) しかし、今大会の日本代表チームは本当に強いです。 世界ランキングが1位(大会直前)のアイルランドも破っての 予選トーナメント4戦全勝ですからね、これは本物です。 前回の南アフリカ戦は相手国の油断もあったかもしれませんが、 今回のアイルランドは本気でしたし、 昨夜のスコットランドに関してはプライドと意地をかけて 全力できていましたからね。   ラグビーというスポーツはその性質上、 番狂わせという試合はそうそうあるものではないんです。 そのチームの総合力がそのまま結果に直結しやすスポーツなんですよね。 まぐれや単なるその時の調子の良さでは世界トップレベルの アイルランドとスコットランドを破ることなんてまずありえないのです。   ちょっと興奮しながら力説してしまいましたが、 実は私も高校時代の3年間ラグビーをやっていたので、 その辺のことはそれなりに知っているつもりです。   ここのブログでは基本的に料理や食べ物に関することについて触れるのですが、 今回はラグビーについてのみになっちゃいました(笑)   ラグビー日本代表、感動をありがとう! … 続きを読む

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

新発田ガス料理教室(10~12月の3回コース)(No.825)

  皆さん、こんにちは。 ヒロです。   今回は新発田ガスさんのでの私担当の料理教室のご案内です。 新発田ガスさんでは今年の4~6月の3回コース、 7~9月の3回コースの料理教室の講師をさせて頂きましたが、 10~12月の3回コースも講師をすることになりました。 今回は『和食でイベント・季節料理』というテーマで、 10月、11月、12月それぞれの内容は以下のようになっています。   10月「もうすぐハロウィン 南瓜を使った和食」 全4品。 11月「ボージョレ・ヌーヴォー解禁 ワインに合う和食」 全4品 12月「お正月料理」 全4品。   お問い合わせ、お申込みは新発田ガスさんのホームページからできますので、 チェックしてみてくださいね。   By ヒロ  

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

ガスショップ巻店さんで丸10年。(No.824)

  皆さん、こんにちは。 ヒロです。     先週はガスショップ巻店さんまで出張レッスンに行ってきました。 今回は中華を3品を作ったので、それを紹介しますね。   まずは主菜。 「八宝菜」   中華の定番料理の一つですね。 アレンジ無しで基本の八宝菜を作りました。     では次です。 「魯肉飯(ルーローハン)」   豚肉を醤油ベースの汁で煮込んだ料理で、 台湾では庶民の味としてとても有名です。 熱々のごはんの上にのっけて、 さらに煮卵と高菜の漬物をトッピングして食べると美味しいですよ。   最後の3品目。 「とろとろ白菜の卵スープ」   白菜を長~く茹でてからとろみをつけ、 最後にかき卵にしたスープです。 白菜が柔らかくとろとろになるまで煮込むのがポイントです。       さて、ガスショップ巻店さんでのレッスンですが、 なんと今月で丸10年となりました! 自分で言うのもなんですが、10年てすごいと思いませんか? 出張レッスンとして10年も通い続けたということですからね。 毎月2回、ほぼ休まずにです。   まず感謝しなければいけないのは10年間ずっと私を講師として 呼んでくださっているガスショップ巻店さんと主催である蒲原ガスさん。 … 続きを読む

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

9月のヒロクッキングメニュー。(No.823)

  皆さん、おはようございます。 ヒロです。   今日から今月(10月)分の料理レッスンが始まります。 月初めのレッスンはまだ段取りがしっかりと決まってなかったりするので、 ちょっとバタバタすることがあるのですが、 今月のメニューは調理作業的に簡単なので、 たぶんスムーズにいくでしょう! と言っておきながらバタバタしたらごめんなさい(笑)     今回は先月(9月)分のヒロクッキングのメニューを紹介しますね。 先月の料理ジャンルは和食でしたが、 結構アレンジの効いた和食となりました。     まずは1品目。 「鮭のちゃんちゃんホイル焼き」   北海道の郷土料理ちゃんちゃん焼きとアルミホイル焼きを 合わせた1品です。 ホイル焼きはシンプルにバターと塩・コショウだけでも美味しいですが、 ちゃんちゃん焼きのバター、みそ、ニンニクの味付けがまた それ以上に美味しいんですよ♪ もみじと銀杏の型で抜いたニンジンとサツマイモを添えて 秋らしさを出しました。     2品目。 「南瓜の含め煮 鶏そぼろあんかけ」   料理名通りなんですが、 カボチャの煮物に鶏挽肉が入ったあんを上からかけたものです。 クラスによってはあんはかけずに、 シンプルな煮物にしたのですが、 カボチャ自体を飾り切りにして一手間かけました。     … 続きを読む

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

衝撃の黒イチジク。(No.822)

  皆さん、おはようございます。。 ヒロです。   10月です。 秋は食欲が増す上に、 いろいろな秋の味覚が店頭に並ぶので、 食べ過ぎに注意です(笑)     先日、こんな果物を手に入れました。   イチジクです。 イチジクにもいろんなブランドや品種があり、 新潟市においては「越の雫(しずく)」が有名ですね。   今回ゲットしたのは阿賀野市にある安田興和農事さんが 栽培している「とろ密 黒いちじく いち黒」というイチジクです。 黒イチジクにはビオレソリエスという品種があり、 栽培の難しさやその希少性から「黒いダイヤ」とか「幻のイチジク」 なんて呼ぶ人もいます。 新潟だと佐渡市の「小木ビオレ―」がよく知られています。   安田興和農事さんがこだわりを持って作っているこの黒イチジク、 ほんとに美味しかったです。 「とろ密」という言葉が示すように、 完熟したものはこの表現がぴったりというくらい密状なんです。   わかります? 特に右側のものは密状になっていて、ねっとりとろっとろ! もうジャムとしてパンに塗ってもいいくらい。 とても甘いのですが、かと言ってくどさは全然無いのです。 私の中においてその衝撃度は相当なもので、 ここまで濃密な状態のいちじくは初めです。 まさに驚きの一品でした!   By ヒロ     … 続きを読む

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

8月のヒロレッスンメニュー。(No.821)

  皆さん、おはようございます。 ヒロです。   9月も終わりに近づき、過ごしやすくなりましたね。 夜は少し肌寒いくらいです。 もうすぐ10月ということで、いつもならこの辺で ヒロクッキングスタジオの9月のレッスンメニューを紹介したりする頃なんですが、 考えてみると未だ8月のメニューを紹介していませんでした。 なので今回はだいぶ遡ってしまいますが、 8月のメニューを紹介したいと思います。   8月の料理ジャンルは洋食だったんですが、 純洋食ではなく和のテイストや他の地域のテイストが入った料理となりました。 基本的なメニューは以下の4品でした。   まずは1品目。 「ナスと茸の和風パスタ」   ヒロクッキングスタジオのメニューとしてパスタは珍しくありませんが、 和風となると過去に1回くらいしかやったことが無いので ある意味貴重なレシピです。     2品目。 「ガーリックシュリンプ」   有名なハワイアン料理ですね。 洋食というよりはエスニック料理(民族料理)に カテゴライズした方が正しいのかな。     3品目。 「スープで食べる冷たいサラダ」   私のオリジナルです。 千切りにしたレタス・キャベツ・ニンジンと、 ミニトマト、カイワレ、ミックスビーンズ、コーンなどをスープ皿に盛り付け、 そこにトマト風味の冷やしたコンソメスープを注いであります。 スープといっしょに生野菜をいっしょに頂く感じのサラダです。 … 続きを読む

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

ブラックコーヒーで肉料理。(No.820)

  皆さん、こんばんは。 ヒロです。   今回は先週の新潟一番の料理コーナー「きまぐれクックランド」で 放送された私の料理を紹介したいと思います。 普段はヒロクッキングスタジオの黒埼スタジオで撮影することが多いのですが、 今回は南魚沼市にある舞子高原までロケに行ってきました。 舞子高原にはホテルやスキー場があり、ちょっと前からグランピングができる 施設も登場しました。 今回はグランピングを楽しみながらの料理作り♪ グランピングという言葉は比較的最近耳にするようになりましたが、 グラマラスとキャンピングを合わせた言葉だそうですね。 グラマラスというとなんだか女性の魅惑的な容姿をイメージしてしまうのですが (すみません、私だけだったりします?) やはり魅力的で華やかキャンプといった意味になるそうです。 例えばキャンプでよくやるバーベキューなんかのセッティングは 現地のスタッフさんか全部やってくれるので、 こちらはただ焼いて食べるだけ。 後片付けもしなくていいんです。 贅沢でラグジュアリー、そして快適な時間を過ごせるというのが基本的な グランピングの考え方のようですよ。     さて、そんな贅沢な環境の中で作った今回の料理がコレです! 「肉のブラックコーヒー焼き」   実はこれ、ネーミングにもありますが、 無糖でブラックの缶コーヒーに漬け込んでから焼いたものなんです。 そうするとどうなるか? 不思議なことにちょっとスモーキーフレーバーになるのです。 燻製をしていないのに。   まずビニール袋に肉とブラックコーヒーを入れてこんなふうに漬けます。   2時間ほど漬けてから出したものがこちら。     さすがに黒みがかっています。 そしてこれをフライパン、鉄板、網などで焼けば … 続きを読む

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

新発田ガスさんで料理教室。(No.819)

  皆さん、おはようございます。 ヒロです。   昨日は新発田ガスさんのショールームまで出張レッスンに行ってきました。 7~9月の間に3回レッスンを行うコースの最終回でした。 7月はタイ料理、8月はインド料理ときて、 昨日9月はベトナム料理のレッスンでした。   作った料理は全4品で写真はこちら。     左上から時計回りに 「バインフラン(ベトナムの焼きプリン)」 「ゴイクン(生春巻き)」 「バインセオ(ベトナム風お好み焼き)」 「フォー・ガー(鶏肉入りの米粉汁麺)」 です。   参加された皆さんは慣れた手つきで作り上げ、 満足そうに食べられてました。   さて、新発田ガスさんでのレッスンですが、 10~12月の3回コースの私担当のレッスンがすでに決まっています。 申込の受付は近いうちに始まると思いますので、 興味のある方は新発田ガスさんのHPで確認してみてくださいね。   By ヒロ  

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

飾り巻き寿司。(No.818)

皆さん、こんにちは。 ヒロです。   今日で8月も終わりですね。 暑かった夏もお盆を過ぎたころから少しずつですが、 過ごしやすくなってきました。   昨日今日とヒロクッキングスタジオでは特別なレッスンが開催されました。 飾り巻き寿司の単発レッスンです。 どの部分を切っても断面が同じ文様やデザインになるこの巻き寿司ですが、 知っている方も多いと思います。 飴で言うと金太郎飴的なアレです。 ただ、今回の担当講師は私や田中先生ではなく、 ヒロクッキングスタジオ初登場の高橋美砂子先生に担当してもらいました。 高橋先生は飾り巻きずしの1級インストラクターの資格を持っていて 出張レッスンという形で料理教室開催されたりしています。 実は高橋先生にはヒロクッキングスタジオの通常レッスンの講師としても ゆくゆくはやってもらう予定なんですよ。   さて、今回のこの飾り巻きずしのレッスンですが、 実をいうと私はやったことが無かったので、 第1回目の昨日は生徒として参加しました(笑)   飾り巻きずしと言っても実にいろいろなパターンで作ることができるのですが、 今回はお花の飾り巻きずしを作りました。       高橋先生の説明を聞きながら私が巻いてみたのがコレでです。       なーんとなく巻けてるような気はするのですが、 切ってみないとまだわかりませんね。   そして切ったものがコレです。     ふむ。 初めてにしては悪くないんじゃないでしょうか。 … 続きを読む

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

野菜の生命力。(No.817)

  皆さん、おはようございます。 ヒロです。   暑い日が続きますね。 昨日は上越市で今夏の全国の最高気温40.3℃を記録したとか。 やたら暑いなーなんて思っていましたが、そりゃ暑いわけです。 そして今日もそれに近い予想気温ということなので、 熱中症には十分気を付けないとですね。 教室のベランダのプランターの植物達も一日水をあげないと 枯れてしまいそうになります。 何度か水やりを忘れてしまい、 そのしなしな具合に “ ヤバい!もう手遅れかっ!?”ということもありましたが、 生命力ってすごいですね。 それでもちゃんと復活してくれるんです。   そうそう、生命力と言えば。 まず、これを見てください。     みずみずしい大葉でしょ? でも実はこれ、摘んであるこの葉っぱの状態で2ヵ月も経っているんです。 もちろんこのままその辺にほっぽっておいたわけではないですよ。 要は保存状態をちゃんといい環境にしてあげるとそれだけ長生きするんですね。 まず清潔なフタ付きの容器を用意します。 そこに軽く濡らしたペーパータオルを敷き、そこにこの大葉を置きます。 さらに大葉の上に濡らしたペーパータオルを敷いて フタで密閉して冷蔵庫の野菜室に入れます。 5~6日に1回程度容器とペーパータオルを清潔なものに変えてあげると、 長生きするんです。 もちろん個体差もあるので、みんな長生きするとは限らないですが、 条件が良ければ今回のように2ヵ月も生きちゃうんですよ。 この葉っぱの状態で2ヵ月ってすごいですよね。 考えてみると、例えば千切りにされたキャベツも 水に浸けてあげるとシャキッとします。 これってどんなに細かく切り刻まれたキャベツでも ちゃんとが生きてるってことですもんね。 生命力ってすごいなぁ。 … 続きを読む

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ