ひげにんにく新レシピ。(No.854)

 

皆さん、おはようございます。。

ヒロです。

 

以前にも何度か紹介させてもらっていますが、

今回は「ひげにんにく」の新情報をご案内します。

 

あらためて、ひげにんにくについて説明しますと、

長岡市にある梱包紐・結束紐の総合メーカー「信越工業株式会社」さんが

特殊な栽培方法で栽培しているすでに根と芽が生えているにんにくです。

根っこがひげに似ていることから「ひげにんにく」と呼んでいます。

テレビなどのメディアでよく取り上げられているし、

テレビCMでも流れているので知っている方も多いと思いますが、

詳しくは信越工業さんのHPをのぞいて観てくださいね。

 

このひげにんにく、そのまま素揚げにして食べても美味しいのですが、

いろいろな料理の食材としても優れものです。

私も信越工業さんが開設しているひげにんにくのレシピサイトに

昨年14つほどそのレシピを紹介させて頂きました。

そして今月からは毎月2つずつひげにんにくの新しいレシピを紹介していく予定なので、

ぜひチェックしてみてください。

ちなみに今月紹介済みの2つのレシピはバーベキュー向けのレシピなので、

これからの時季には特にお勧めですよ。

 

 

レシピは信越工業さんHP内の「ひげにんにくレシピサイト」という

バナーをクリックしてみてくださいね。

ちなみに現在流れているひげにんにくのテレビCMもHP内でご覧になれますよ。

 

By ヒロ

 

 

 

 

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

5月のヒロクッキングメニュー。(No.853)

 

皆さん、こんにちは。

ヒロです。

 

ご無沙汰しております。

6月に入ったらすぐにブログをアップしようと思っていたのですが、

なんだかんだで6月ももう半ばまできてしまいました。

前回のブログでは4月のヒロクッキングメニューを紹介しましたが、

今回は5月のヒロクッキングメニューを紹介したいと思います。

 

5月のヒロクッキンスタジオでのレッスンメニューは洋食でした。

 

 

まず1品目。

「ラグー・アッラ・ボロネーゼ」

 

イタリアのボローニャの名物パスタです。

肉をたっぷり使うのでかなりの肉肉しさがありますが、

ソースっぽさはあまりないので日本のミートソースとはかなり違います。

パスタもタリアッテレという幅広麺を使うのが定番です。

 

 

2品目。

「茹で野菜のアイオリソース」

 

スペインとフランスで料理のソースとしてよく使うアイオリソースですが、

今回は手作りして茹でた野菜とからめてサラダにしました。

茹でた野菜が冷めないうちに合えるのがポイントですが、

かと言って熱々の内に合えるとアイオリソースが分離してしまうので要注意です。

 

 

3品目。

「アスパラガスのポタージュ」

 

そのまんまですが、

アスパラガスを使ったスープです。

 

 

4品目。

「アーモンドマフィン」

 

カップケーキ型で作るいわゆるアメリカンマフィンですね。

今回はたっぷりとアーモンドを使ったマフィンにしました。

アーモンドを利かせると断然美味しくなります♪

 

以上でした!

 

By ヒロ

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

4月のヒロクッキングメニュー。(No.852)

 

皆さん、こんばんは。

ヒロです。

 

新型コロナウイルスによる影響がある程度落ち着き、

緊急事態宣言の全面解除が正式に決定されたようですね。

ようやくと言った感じですが、

ただ感染の第2波、第3波も起こりうるので、

今後も十分に警戒しなければいけませんね。

 

さて、5月もあと1週間となり今更感はあるのですが、

先月のヒロクッキンスタジオのレッスンメニューをまだ紹介していなかったので、

今回紹介したいと思います。

先月のジャンルはエスニック(タイ料理)でした。

 

まず1品目。

 

「ガイ・ヤーン」

タイ風の鶏の唐揚げで、

揚げたての鶏モモ肉に手作りのスイートチリソースをからめたものです。

実はこれ、先週の新潟一番の料理コーナー「夕方レシピ」でも

紹介させて頂きました。

今回の出演はある事情により私の緊急登板となったのですが、

レシピを新たに考える時間が無い状況だったので、

レッスンしたばかりのこのレシピでいっちゃおう!となりました(笑)

 

 

2品目。

「彩り野菜のタイ風サラダ」

彩りが良くなるようにいろいろな生野菜を使ったサラダで、

やはりタイの特徴である甘酸っぱ辛い味のドレッシングなります。

 

 

3品目。

「トムカークラム」

アサリを使ったスープで、

これまた甘酸っぱ辛い味付けとなります。

とにかくタイ料理は甘味、酸味、辛味といった3つの味がバランスよく一体となった

ものが多いですよね。

その代表格と言えるのがあのトムヤムクンと言えるでしょう。

 

 

最後、4品目。

「バナナロティ」

クレープのような薄い生地をバナナといっしょにフライパンで焼いて作るのですが、

ちょうどガレットのような見た目になります。

さすがにこれは酸味と辛味はありません(笑)

 

以上でした~!

 

By ヒロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

最近のTV出演料理。(No.851)

 

皆さん、こんにちは。

ヒロです。

 

先週の7日と8日、そして昨日は新潟一番での出演がありました。

今回はそれぞれの料理を紹介したいと思います。

 

まずは7日ですが、

これはいつもの料理コーナー「きまぐれクックランド」での出演。

作った料理はこちら・・・

 

と言いたいところなんですが、

すみません。

料理画像のデータがどこかにいっちゃいました。

画像はありませんが、作ったのはシューマイです。

普通のシューマイではなく、タケノコがごろごろ入った

かなり大きな手作りシューマイです。

重さは普通のシューマイの2~3倍なので、

とっても食べごたえのあるシューマイでした。

 

 

次に8日ですが、これは「ガタトピ」というコーナーでの出演でした。

ガタトピは新潟で話題になっているトピックを紹介するコーナーなんですが、

今回は自宅で簡単に作れる料理ということで私が考えた2品を紹介しました。

条件としてはこんなご時世なので、自宅でありそうな食材

(例えば缶詰や冷凍食品など)だけで手軽に作れる上に、

ちゃんとしっかりとした1品となる料理です。

 

まずは1品目。

これは市販の冷凍ギョウザとキムチを具にしたチャーハンです。

普通に焼いたギョウザを粗く刻んで使いますが、

それ以外は特別な作業はいらないのでとっても簡単です。

 

 

2品目。

これはレトルト牛丼と冷凍のポテトフライで作った牛肉コロッケです。

 

こういった市販のものです↓

この材料以外は小麦粉、パン粉、、水、揚げ油のみです。

ソースだってレトルトの汁をそのまま使ってるだけなんですよ。

 

 

 

そして昨日の放送はきまぐれクックランドでの出演で、

作った料理はこれ。

「大分りゅうきゅうの韓国風」

 

これは魚のアジを使った大分県の郷土料理になります。

似た料理に千葉県の郷土料理「なめろう」がありますね。

なめろうが味付けにみそを使うのに対して

りゅうきゅうは醤油とゴマが使われます。

今回はこのりゅうきゅうの味付けにコチュジャンを入れて韓国風にしてみました。

お酒のおつまみにいいですし、

ご飯にも合うのでこんなふうに丼にしても楽しめます↓

さらにこれにお茶か和風だしを注いでお茶漬けにしても美味しいんですよ。

 

以上でした!

 

By ヒロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

極限!水切り豆腐。(No.850)

 

皆さん、こんにちは。

ヒロです。

 

皆さんは今回のタイトルにある「極限水切り豆腐」って何だ?

と思ったかと思います。

これはですね、極限まで水を切った豆腐なんです。

まあ、そのままなんですけど、私が勝手にそう名付けました(笑)

 

ある日料理をしながら、ふと思ったんです。

麻婆豆腐や揚げ出し豆腐など、水切り豆腐を使う料理ってよくありますが、

この豆腐ってどこまで水切りが可能なんだろうかと。

 

そこでやってみたんですよ。

まな板や重しを使ったり、

ペーパータオルなどで巻いて水切りしたりしますが、

今回はまず最初にペーパータオルでぐるぐるに巻いて水を吸わせ、

途中からさらに重しも加えてとにかく徹底的に水切りをしてみました。

 

 

今回使用した豆腐はこれです。

 

ごく普通の絹ごし豆腐で、1丁400gで売っていたものです。

念のため私が測ったら418gありました。

今回の水切り法としてはまず最初に

何枚ものペーパータオル(キッチンペーパー)で包み、

ペーパータオル全体が濡れたらまた新しいペーパータオルに替えて

水分を吸い取らせるというやり方です。

こんな感じで。

 

 

最初のスタートで使用したペーパータオルの枚数は20枚です。

翌日の豆腐の重量は280gになりました。

これを繰り返しながら水気を切っていくのですが、

ある程度水気が切れてきたら今度は重しを加えながら同じ作業を繰り返していきます。

重しは何でも良いのですが、今回は600~900gの食器を使いました。

するとどうでしょう、

なんと重量がほぼ半分までに減りました!

厚みも半分くらいです。

 

 

しかし、皆さん、今回はこれで終わりません。

やれるだけやります。

だって“ 極限 ”と謳ってるんですからね。

 

 

そして行き着いたのがこの結果です。

 

じゃーーーん!!

 

 

背景と被っているのでちょっとわかりづらいですが、

とりあえず重量を測ってみましょう。

するとその結果、

 

衝撃の‥‥‥

 

 

 

106g !!


ほぼ 1/4 にまでなっちゃいました!

 

ここまでの域に達すると、こんな持ち方ができます。

 

 

さらに中サイズのジャガイモを使ってこんな芸当も。

 

 

これがあの豆腐なのかっ!?

というくらいの固さです。

 

これを割ってみましょう。

 

 

見た目や固さを他のもので表現すると、

そうですねぇ…

板粕(いたかす=板状の酒粕)やセミハードタイプのチーズと言ったところでしょうか。

 

ちなみに今回使ったペーパータオルの枚数ですが、80枚です。

もったいない…

 

水切りにかけた日数は1週間。

長い…

 

 

以上、実験結果でした~。

 

By ヒロ

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

自宅で楽しむ行楽弁当?。(No.849)

 

皆さん、こんにちは。

ヒロです。

 

5月ですね。

先日の放送になりますが、

今回は新潟一番の料理コーナー「きまぐれクックランド」で

私が作った料理を紹介したいと思います。

 

テーマは「自宅で楽しむ行楽弁当」で、

作ったのはこちら。

 

 

これは簡単なおかずを使って市松模様になるように詰めたお弁当です。

おかずは「カニカマとシーチキン炒め」「ほろほろ玉子」

「鶏そぼろ」「青野菜(アスパラ、ホウレン草)のニンニクソテー」

の4種類です。

最後に花の型抜きで抜いたハムを散らしました。

 

 

でもこの料理には裏話があります。

放送こそ先日でしたが、

このロケ(収録)をしたのはかな~り前なんです。

そもそも「自宅で楽しむ行楽弁当」って変じゃありません?

実は元々外でお花見を楽しむために考えたものだったし、

放送ももっと早く流す予定だったんです。

都合上、放送が遅くなったところに今のこのご時世ですからね、

外なんて出掛けらないじゃないですか。

そこで苦肉の策としてのこの「自宅で楽しむ行楽弁当」

となったのです(笑)

 

さて、私が出演する放送ですが、5月7日と8日にも予定してます。

7日はいつも通りのきまぐれクックランドの放送で、

8日は本来4月21日に放送予定だったものが延期になっての放送となります。

 

どちらも延期にならないことを願いながら(笑)

皆さんチェックしてみたくださいねー♪

 

By ヒロ

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

【臨時休業のお知らせ】

 

平素よりヒロクッキングスタジオをご利用いただき、

誠にありがとうございます。

4月17日に全国で緊急事態宣言が発令され、

さらに20日には新潟県から営業自粛要請が出されました。

新潟県では4月22日~5月6日までを自粛要請期間としておりますので、

それに伴い当スタジオでの料理教室はその期間中、

全てのレッスンを中止にさせて頂くことになりました。

皆様には大変ご迷惑をお掛けしますが、

何卒ご理解とご協力をお願い致します。

【期間】

2020年4月22日~5月6日

 

また、この期間中に休んで頂く生徒さんには

各自こちらからご連絡させて頂きますので、

よろしくお願致します。

 

ヒロクッキングスタジオ

 

 

 

 

カテゴリー: 最新のお知らせ | コメントをどうぞ

自宅で簡単料理。(No.848)

 

皆さん、こんにちは。

ヒロです。

 

コロナウイルスの影響がさらに大きくなっている今日この頃、

皆さんは自宅にいる時間が増えていると思いますが、

どのように過ごしているでしょうか?

 

料理家の私としてはやはり料理をお勧めします。

人間にとって食事を摂るというのは毎日のことであり、

それも一生涯続けなければいけないことです。

その食事を自分で作れるというのは本人にとって間違いなくプラスになりますからね。

日頃からよく料理をしている人はともかく、

普段ほとんどしない人にこそこの時間を料理作りに使って欲しいと思います。

とは言え、料理ができない人にとっては何からどう始めればいいの?

という話になりますよね。

そこで今回は自宅によくあるような食材で簡単にできちゃう料理を紹介しちゃいます。

あえて冷凍食品や加工品を中心に使いますよ。

 

まずはこちら。

オム焼きそばです。

 

使っている焼きそばはこれ、

カップ焼きそばです。

 

作り方ですが、まずは普通にカップ焼きそばを表示通りに作ります。

卵2個を溶いて、油を薄く引いたフライパンを使って薄焼き卵を作ります。

薄焼き卵の上半分に焼きそばをのせ二つに折る、

以上です。

後は好みで市販のソース、マヨネーズ、青のり、紅ショウガなんかを

トッピングしてよいです。

もし天かすがあれば焼きそばの中に多めに入れると、

それが食感のアクセントになってさらに美味しいですよ。

もし薄焼き卵を作る自信が無ければ、

スクランブルエッグにして焼きそばの上にのせる(被せる)だけでもいいです。

 

 

 

もう1つ紹介しますね。

 

ジャーマンポテトグラタンです。

 

作り方は冷凍のフライドポテトを揚げます

(もしくはオーブントースターで焼くかレンチンでも)。

ソーセージをボイルします。

グラタン皿のような耐熱容器にポテトとソーセージを入れ、

市販のホワイトソースをかけてチーズをのせ、

オーブントースターなどを使って表面に焼き色をつけて完成。

 

味付け不要でどちらも簡単にできちゃうので、

料理の自信のない人には特にお勧めですよ。

 

 

今回は二つ紹介しましたが、

TeNY テレビ新潟の番組「夕方ワイド 新潟一番」のガタトピというコーナーで、

こんな感じの料理を4月21日(火)に紹介しますので、

ぜひご覧になってください。

諸橋アナと私で2品ほど作りますよ♪

 

By ヒロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

クリガニ。(No.847)

 

みなさん、こんばんは。

ヒロです。

 

皆さんはクリガニってご存知でしょうか?

蟹の一種なんですが、

たぶん知っている人はそう多くないと思います。

食べることができるカニですが、

獲れる時期と場所が限られるので普通はなかなか手に入りません。

収穫時期は春で場所は主に北海道や青森県となります。

そんなクリガニをなんと新潟市内のスーパーで見つけちゃいました!

もうすでに塩茹でされた状態で店頭に並んでいたのですが、

ソッコーで買いました!

これがそのクリガニです。

 

 

写真だと大きさが分かりませんが、結構小さいです。

甲羅の直径で言うと10㎝あるかどうかといったところですが、

これで通常サイズなんですよ。

アップで見ると…

 

 

かなり厳つい顔してますよね。

ヒーロー戦隊ものの悪役で出てきそうな顔つきです。

 

そんな小さくてのごつい姿のクリガニですが、

味はどうかと申しますと…

 

めっちゃ美味しいんですよ!

この時期のものはミソが詰まってるし、

メスなら内子も期待できます。

ミソも内子もすごく濃厚でうまいんですよ、これが。

今回手に入れたこのクリガニは大当たりで、

ミソも内子もたっぷりと詰まってました♪♪

 

 

ちなみにこのクリガニは結構お手頃な値段で購入できます。

場合によっては1匹200円程度で買えちゃうんですよ。

もしスーパーなどでこのカニを見つけたら(かなりレアなケースですが)

絶対に買いです!

ああ~また食べたいっ(笑)

 

By ヒロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

先月(3月)のヒロクッキングメニュー。(No.846)

 

みなさん、こんにちは。

ヒロです。

 

今回は先月のヒロクッキングスタジオでのレッスンメニューを紹介したいと思います。

先月の料理ジャンルは和食でした。

 

まずは1品目。

 

 

豚肉の生姜焼き。

家庭や弁当のおかずの定番ですね。

同じ豚肉でも使用する部位や肉の状態(スライスの厚みなど)により

幾分レシピは変わってきますが、

今回はまさしく生姜焼き用としてのスライス肉を使いました。

肉に下味をつけるかどうか、小麦粉や片栗粉をまぶすかどうかなど

作る人によってそれぞれ違ったりするので、

シンプルな味付けの割にはなかなか奥が深い料理です。

ちなみに肉の上にトッピングされているは

青い色が刻んだ小ネギで赤い色が紅ショウガです。

 

 

2品目。

 

 

青野菜のクルミ和え。

クルミをたっぷりと使った和え物です。

使用材料は青野菜(今回はホウレン草)、クルミ、砂糖、醤油のみなんですが、

とても好評でした。

 

 

3品目。

 

 

カブのみぞれ汁。

この時期は春カブが美味しいので、

それを使った汁ものです。

やさしい味わいの1品です。

 

 

最後4品目。

 

 

イチゴの生八ッ橋と桜の生八ッ橋。

京都の有名な和菓子である生八ッ橋を

イチゴ、桜の花・葉を使って春っぽく仕上げました。

左が桜で右がイチゴですが、

中央にあるバラの花はその二つを作る時に出る切れ端を使って作りました。

 

以上でした~!

 

By ヒロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ